パーテーション活用術

オフィスの仕切りをパーテーションにするメリットとは?

オフィスの仕切りをパーテーションにするメリットとは? 日本国内ではオフィス空間は仕切られていないものが多く見られるものです。
同僚や上司とのやり取りも行いやすいというメリットを確かに持っています。
一面オフィス空間にはプライバシー領域も必要であるという意見もあります。
例えていうと金魚鉢の中にいるようで落ち着かないとか集中し難いといった意見もあります。
しかも話し声が行き交い、パソコンのキーボードの音も絶え間なく聞こえるということで仕事に対する情熱や満足度も下がるという調査結果もあります。
あるいはプライベート領域を持たない為にパーテーションで仕切られた場合に比較して病気もすぐに広がってしまい、病気で休んでしまう人が増えるとも言われています。
北欧の研究によると自分専用に仕切られたスペースを持っている社員よりも62%休む頻度が多いとされています。
細菌は拡散し易かったりするので改めてパーテーションの重要性が確認できます。
国民性から言ってもプライバシーを好む傾向のある国柄も見られますが、予算によっても左右される部分も持っているようです。

不正の抑制や社員同士のコミュニケーションが増える

オフィスの仕切りをパーテーションにするメリットとは? オフィスという一つの空間の中で、何人もの従業員が業務に集中するには、少なからず個人的な空間が必要になります。
とはいえ、各々が完全に専用の部屋にて業務を行う場合や、各個人ごとにお互いの顔が全く見えないくらいに大きなパネルなどでブースを形成したりといった、いわゆる各々を隔絶した状態にするようでは、従業員同士のコミュニケーションもままならず、場合によっては心ない従業員が不正を起こしてしまう可能性があります。
このような中で、お互いの顔が確認できる位のパーテーションにて各自のスペースを分けることは、お互いのコミュニケーションもとりやすく、良い意味でお互いを監視しあえることから不正も起こりにくく、業務を円滑に行う上で非常に有効です。
パーテーション自体に収納器具の用途を持たせたものも多く、業務に必要なものを社員が分かりやすい場所に収納できたりと、限られたオフィスの空間を有効に使える手段として注目されています。