パーテーション活用術

コストを抑えつつパーテーションでオフィスを心機一転

コストを抑えつつパーテーションでオフィスを心機一転 オフィスを低コストで心機一転させたいという場合であれば、デスクのレイアウトの変更や、タイルを張り替えるだけでも様変わりし、さらにここで注目したいのが従業員の空間を程よい距離感を保てるパーテーションをうまく取り入れることも、コストを抑えつつオフィスを心機一転できる方法でもあります。
最近では種類も多様化してきて、メタルやガラス、半透明などのパーテーションもあるので、例えば半透明のタイプで上司との境目を遮るだけでも雰囲気がガラッと変わります。
また一般的な企業では同じグループ同士がデスクを並べて向き合うレイアウトですが、背中を向け合っている同士がひとつのグループ同士であればお互いのパソコン画面を見ながら打合せができるというメリットも生まれます。
そこで対面側には別グループを配置し、その間に高さの低いローパーテーションを立てれば、別グループとの一定の距離感を保ちつつ、背中合わせの同グループとは仕切りのないことで効率よい仕事をこなせ、かつこれだけでも心機一転してオフィスにメリハリを与えることが可能です。

環境が変われば働き方が変わる!

コストを抑えつつパーテーションでオフィスを心機一転 仕事をするオフィスは働きやすい環境を重視したいものです。
あらゆるものが目に入ってしまう状況では自分の仕事に集中しにくいという事もあるでしょう。
そのようなときに大幅なリフォームなどをせずに替えることが出来る方法として、パーテーションで区切るという事が挙げられます。
目の前に壁ができるだけで集中力が大きく変わります。
部署ごとに分けてみるのもおすすめの方法です。
また、お客様が来る可能性があるような場所で従業員がせわしなく動き回るという事も避けたいところです。
また、書類などを扱うときにだれでも見られるような場所にあると情報管理の面でも問題が生じてきます。
そこで、オフィスの中でも業務をする部分と応接部分を分けるという事も必要です。
そこでパーテーションが役立ちます。
この先オフィスの形や業務内容が変わっていっても柔軟に対応できるのがうれしいところです。
まずはこうした形で環境整備をするように計画を立ててみるとよいでしょう。