パーテーション活用術

パーテーションでオフィスを快適に!

パーテーションでオフィスを快適に! ビジネスの世界で高い成果を収めている企業には、面白い共通点があります。
それはオフィスの空間が極めてフリーダムな点です。
特に欧米の企業は一見すると、職場には見えない不思議な空間である事が多いです。
各スタッフがパーテーションで分けられたプライベートスペースに、私物を大量に持ち込んでいます。
備品に加え、大量の本やぬいぐるみ、プラモデル、私用のパソコン、ゲーム機などに囲まれながらも、バリバリと仕事で高い成果を出すのが、欧米の優れたビジネスパーソンの特徴です。
日本のオフィスは欧米の企業のそれに比べて大変無機質になります。
またパーテーションがそもそも設置されていない職場も多く、互いの顔が見える利点はあるものの、各スタッフのプライベートスペースが無いため、いわゆるリラックス出来る空間がなく、常に緊張した心身のままデスクワークに従事しなければいけません。
快適ではない旧来型のオフィスでは、現代のビジネス環境に適応出来ません。
パーテーションを早速取り入れて、各スタッフにプライベートスペースと私物の持ち込みを認める事が、職場快適化の基本です。
パーテーションによってプライベートスペースが出来れば、各スタッフが快適に作業に打ち込めますし、 休憩時間を利用してゲームや読書を満喫出来ますので、うつ病予防の対策にも貢献します。

パ―テーションで社風を一掃!業務効率を上げる方法

パーテーションでオフィスを快適に! オフィスは機能的であるべきです。
オフィス環境がよくないと業績が向上しないのは当然です。
そこで働く社員の士気が上がらないところでは業績がよくないのが当たり前です。
環境を整備するには、風通しのいいつまり社員が動きやすいところにするべきです。
以前はフラットなもので事務所全体が見渡せるのがいいようにも思われてきましたが、いまではかえって各部署の動きが見えすぎて、作業に集中できないことがあります。
確かに部門間のコミュニケーションは大切なので、パーテーションで仕切りすぎるのも問題ですが、何もかもが見えすぎてもよくはなく、各部門が機能的に働くことができるためにパーテーションである程度仕切るのも大事です。
そうすることで部門内での仕事に専念して、その場として意味を高めて、士気を上げて気分を一掃するつまりその場ではその部門での仕事に集中できるために同期付けのためにある程度の仕切りは必要です。
またそのパーテーションの区切り方も各社員の部門間の移動と部門内で移動するときの導線をよく検討したうえで施工していくべきです。
たとえ小さなオフィスでもある程度の他の部門との区切りは仕事への集中の意味でも重要な要素であると言えます。